« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

北朝鮮のミサイル発射場の衛星写真(・_・;) 2 3月28日の写真

 
 
 
アメリカの衛星写真提供会社のデジタルグローブ社(DigitalGlobe:http://digitalglobe.com/)が、北朝鮮東倉里(トンチャンリ)ミサイル発射場の最新の衛星写真を発表したんだね?
 
 
 
 
 
 
 
その画像がのスクリーンショットがこれ↓
 
 
 
 
120328__6al_s_
 
 
 
 
 
 
 
北朝鮮の北西部・平安(ピョンアン)北道・鉄山郡・東倉里(トンチャンリ)にある東倉里(トンチャンリ)ミサイル基地・発射場(北朝鮮では、東倉里(トンチャンリ)衛星発射場あるいは、西海(サイヘ)衛星発射場というようです)の場所と、2012年3月20日の衛星写真については、僕の前のブログ記事「北朝鮮のミサイル?ロケット?発射場の衛星写真(・_・;)」(http://sou-cocologblog.cocolog-nifty.com/blog_related/2012/03/_-ad5c.html)を見てね!?(^^;)ゞ
 
 
 
 
 
 
 
このデジタルグローブ社の衛星写真は、3月28日のもの。
 
 
 
 
 
 
 
グローバルセキュリティーが発表した3月20日の衛星写真と見くらべると、下の写真で○印で囲んだ部分に作業用と思われる車両が写っている。
 
 
 
 
 
 
 
また、グローバルセキュリティー社が「タワー」と呼んだ建物の屋上にあるクレーンのアームの向きが変わっている(下の写真の矢印の部分)。
 
 
 
 
 
 
 
120328__6al_ms_
 
 
 
 
120328__6al_ms2_
 
 
 
 
120328__6al_ms3_
 
 
 
 
 
 
 
車両周囲のコンクリートの色が変わっている部分は、水で濡れたのだろうか?
 
 
 
 
 
 
 
すぐ上の写真の左の○印は、ちょっと写り方が違うので車両じゃないかもしれない…m(_ _)m
この写真に写っている建物二つは、発射場のタワーとパイプラインで繋がっているので、燃料供給施設なのだろうか?火災でもあったら、大爆発しそうな施設(・_・;)
 
 
 
 
 
 
 
タワーに隣接して発射台が見え、これにはロケットエンジンの炎と爆風と煙が通る円形の穴が空いているように見える。。まだ、ミサイル?ロケット?本体は、姿を現していない。。
 
 
 
 
 
 
 
いずれにしても、今回のデジタルグローブ社の3月28日の衛星写真は、北朝鮮のミサイル?ロケット?発射のための準備作業が進行している事を示す証拠写真だよね!?(・_・;)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

北朝鮮のミサイル?ロケット?発射場の衛星写真(・_・;)

 
 
 
昨日のNHKのニュースで、『3月22日にアメリカのシンクタンク「Global Security」が、北朝鮮の「人工衛星の打ち上げ」ロケット発射場の最新の衛星写真を公開した』と報じていた!
 
 
 
 
 
 
 
そこで、そのGlobal Securityのホームページを見てみた。
 
 
 
 
 
 
 
あった!「New Imagery shows North Korean Launch Site Ready」(http://sitrep.globalsecurity.org/articles/120322840-new-imagery-shows-north-korean.htm)っていうのがそれだ。
 
 
 
 
 
 
 
120324__globalsecurity_org
 
 Global SecurityのHPのその記事のスクリーンショット。
 
 
 
 
 
 
 
そこに掲載されているのが、今月20に撮影されたという最新の衛星写真。
 
 
 
 
 
 
以下、そのスクリーンショット。
 
 
 
 
 
 
 
Globalsecurithy_

場所は北朝鮮の北西部・平安(ピョンアン)北道・鉄山郡・東倉里(トンチャンリ)にある東倉里(トンチャンリ)ミサイル基地・発射場(北朝鮮では、東倉里(トンチャンリ)衛星発射場というようだ)。
 
 
 
 
 
 
この図を参考に、自分でGoogle Mapからその探してみようと思ったけど、なかなか場所が特定できなかったので、あとでようやく捜しあてたその施設の現在のGoogle Mapの弱拡大から強拡大までその図を載っけるね!?そのGoogle Mapは、最新の画像ではないけれど(^^;)
 
 
 
 
 
 
 
Globalsecurithy__2
 
これは、「発射台とそれに続くタワー。ミサイルまたは、ロケットはまだ見えない。」と説明されている。そして、「この3月20日の衛星写真では、発射台が完成していて、発射台とミサイルが出て来るビル(the missile check out building)は、長さ15マイルのレールで繋がっている。」とある。
 
 
 
 
 
 
 
ん?15マイル先のthe missile check out buildingって、どこにあるんだろう?(^^;) 次の衛星写真のミサイル組み立て工場までは、Google Mapで調べると、たかだか1km位しかない。
 
 
 
 
 
 
 
発射場の写真の下端(実は、西端。発射場は実は東西に長い形になっている。)には、地下に潜るような巨大な通路の入口みたいに見える部分があるんだけど、これは何かな? ロケットエンジンの爆風と煙の排出口かな?
 
 
 
 
 
 
 
Globalsecurithy__3
 
この写真は、右の建物がミサイル組み立て工場で、左の道路が広くなったようなところは、鉄道がここまで引かれていて、ここで道路を走る運搬車に移し替えられるらしい。
 
 
 
 
 
 
 
Globalsecurithy__4
 
この図は、ミサイルないしは北朝鮮の言うロケットが発射後、飛行する経路を示したもの。「この発射場の位置によって北朝鮮は、ミサイルないしはロケットを韓国の領空を通過することなく、(地球周回)軌道上に人工衛星を乗せることが出来る。」という。
 
 
 
 
 
 
 
そして、「この(東倉里(トンチャンリ)ミサイル基地・)発射場は、中国との国境の南端からちょうど30マイルの距離にあり、これまで数年間、建設中だった。この施設は、老朽化し遠い北東海岸にあるムスダンリ(舞水端里)にあるテポドン発射基地(ムスダンリ・ミサイル施設;北朝鮮では「東海(トンヘ)衛星発射場」という)に替わる事を意図して作られた。発射は、4月12日から16日の間に行われると、北朝鮮から発表されている。」と説明がある。
 
 
 
  
 
 
 
 
 
さて、上にも書いたけど、最初の写真と説明では、この東倉里(トンチャンリ)ミサイル基地・発射場の位置がよくわからなかったので、自分でもGoogle Mapから見つけてみたくなって、探してみた。
 
 
 
 
 
 
 
以下、その一連の図を掲載!(^^;)ゞ
 
 
 
120325__1sm_
 
場所がわかりやすいように、衛星写真の黄色く四角で囲んだ部分を、次の拡大写真にしたよ。(^-^*)
 
 
 
 
120325__3sm_
 
 
 
 
120325__5sm_
 
 
 
 
120325__7sm_
 
 
 
 
120325__8sm_
 
 
 
 
120325__10smmm_
 
白っぽく見える施設が2つ見えるね?道路の終点にある点線の四角で囲んだ施設は、この東倉里(トンチャンリ)ミサイル基地・発射場の南発射場らしい。 四角で囲んだ道路途中の施設が、今回問題になっているミサイル?ないしはロケット?の発射場で、北発射場というらしいよ。
 
 
 
 
○で囲んだ施設は、Global SecurityのHPの記事の写真にもあったミサイル組み立て工場「Missile Assembly Building」だよ。
 
 
 
120325__13s_
 
北発射場の全景。上の衛星写真の四角で囲んだ施設。
Global SecurityのHPの記事の写真では、発射場が上下的に長い写真になっていたので、南北に長い施設かと思ったら、違うんだね!?(^^;) 東西にに長い施設だった(正確には西北西から東南東方向)。
 
 
 
120325__l_
 
北発射場をさらに拡大。これらの衛星写真はいつ撮られたものだろうか?まだ、完成していない時のもののようだね?
 
 
 
 
 
 
 
タワーの建物は出来ているように見えるけど、発射場中央部分はまだ建設中のもの。移動架台のようなものも見える。
 
 
 
 
 
 
 
120325___1_
 
これは南発射場。2つ上の衛星写真で、点線で四角く囲んだ施設。発射場が2つもあるなんて、驚きだ。 東倉里(トンチャンリ)ミサイル基地は規模が大きいと言うしかない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新のニュースでは、既に、ミサイル本体が、東倉里(トンチャンリ)ミサイル基地に搬入されたという。
 
 
 
 
 
 
 
時事通信(Yahoo!JAPANニュース)の記事→ 『 ミサイル本体、基地に搬入=北朝鮮が発射へ準備―韓国軍
 
 
 
 時事通信 3月25日(日)15時53分配信
 
 【ソウル時事】韓国国防省当局者は25日、北朝鮮が衛星打ち上げ名目で来月の発射を予告した長距離弾道ミサイルの本体が、西部・東倉里の基地に搬入され、発射準備が進められていると述べた。
 
 
 
北朝鮮外務省スポークスマンは23日、「衛星打ち上げのための準備作業が本格的な実動段階に入った」と言明したが、発射に向けた実際の動きが明らかになったのは初めて。
 
 
 
 日米韓など国際社会は自制を求めているが、北朝鮮は聞き入れず、発射に踏み切る構えとみられる。
 
 
 
 3段型とみられるミサイル本体は軍需工場から運ばれ、東倉里基地の施設内で組み立て作業が行われているもようだ。
 
 
 
同基地は、液体燃料の注入を地下施設を使ってできるため、衛星からの直前の準備状況の確認が困難といわれる。 』 (http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120325-00000040-jij-int)
 
 
 
 
 
 
  
今回予定されている発射が、ミサイルではなくて、北朝鮮の言うようにロケットで、人工衛星打ち上げだとしても、その技術的成果は、ICBM(大陸間弾道ミサイル)開発に応用されるのは間違いないという。
 
 
 
 
 
 
 
北朝鮮が、どんなに平和利用目的と言っても、北朝鮮が今までついてきたウソや騙しの行動のため、国際社会は全く信用していない。前回のミサイル発射の時もそうだった。
 
 
 
 
 
 
 
しかも、今は、核弾頭開発中との話もある。(>_<)。
 
 
 
 
 
 
 
今回のミサイル?ロケット?打ち上げが成功して、ICBMの技術が確立してしまったら、全世界の脅威になる。取りわけ、日本にとっては。。
 
 
 
 
 
 
 
東アジアにイスラエルのような国があったら、自国の防衛のため、このような自国の安全を脅かす施設は、攻撃して破壊するんだろうけど… 今の日本には、それは出来ない。
 
 
 
 
 
 
 
日本は、防衛に撤するのだから、どんな兵器が降ってきても、100%撃ち落とすような防衛目的だけの完璧なミサイル迎撃システム開発するしかないだろう。
 
 
 
 
 
 
 
今のミサイル迎撃システムは、アメリカが開発したものだけど、その精度は完璧ではないよね?
 
 
 
 
 
 
 
あらゆる攻撃を無効に出来るほどの専守防衛システムがあれば、日本を攻撃する邪悪な企みはなくなるだろうから。。
 
 
 
 
 
 
 
現時点では、北朝鮮のミサイル技術は困る。 だから今回のミサイル?ロケット?発射は、マズイよ!マズイ!(>_<)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 (追記)その後、2012年3月28日、北朝鮮東倉里(トンチャンリ)ミサイル発射場の最新の衛星写真をアメリカの衛星写真提供会社のデジタルグローブ社(DigitalGlobe:http://digitalglobe.com/)が公開しました!
その映像のスクリーンショットを、僕のブログ記事「北朝鮮のミサイル発射場の衛星写真(・_・;) 2 3月28日の写真」(http://sou-cocologblog.cocolog-nifty.com/blog_related/2012/03/_-cfd1.html)に掲載しました!(^^;)ゞ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

東海原発で放射性物質を含む水約1.5トン漏水!しかし見つかった汚染水は4.2トン!?(>_<)/

 
 
 
産経新聞によると、昨日、2012年3月19日に、経済産業省原子力安全・保安院が、「廃炉作業中の日本原子力発電東海原発(茨城県東海村)の放射性廃液処理建屋地下2階の貯蔵タンクから、低濃度の放射性物質を含む水約1・5トンが漏れた」と発表したという。
 
 
 
 
保安院によると、「漏れたのは防護服などを洗浄した廃液で、1立方センチメートル当たり33ベクレルの放射性物質を含む。 3月14日に廃液をタンクに移したところ、3月19日にタンク下部の配管の弁を操作する部屋で、約4・2トンの水たまりが見つかった」という。
 
 
 
 
そして、「漏れた水は建屋内にとどまっているとみられるが、今回、漏れた量よりも(見つかった水たまりの量が)多いため、雨水の流入や、過去にも同様の流出があった可能性があり、海への流出の有無や原因を調べるよう、日本原電に指示した」という。
 
 
 
 
東海原発では、タンクの水位の低下は3月15日から観察されていたというが、日本原電の報告は3月19日で、保安院は「対応が遅い」と口頭注意したという。
 
 
 
 
記事の原文は、→『防護服洗浄の低濃度汚染水1・5トンが水漏れ 茨城・東海原発 産経新聞2012年 3月19日(月)22時50分配信 (http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120319-00000576-san-soci)』
  
 
 
 
 
 
 
また、時事通信社によると、
 
 
 
 
日本原子力発電と保安院によると、「廃液漏れが見つかったのは放射性廃液処理建屋地下のバルブ室で、東海原発では、3月14日、防護服などを洗浄した廃液の貯槽から、処理のため上澄み液を別のタンクに移送したが、3月15日以降、このタンクの水位計が低下傾向を示した」という。
 
 
 
 
そして、「東海原発では、水位計の故障などを調べ、3月17日にタンク内の水位が実際に低下したと断定。3月19日午後、タンクと配管がつながっているバルブ室の床面で水たまりを見つけた」という。
 
 
 
 
記事の全文は→『東海原発で放射性廃液漏れ=外部流出を調査-日本原電  時事通信社2012年3月19日22時43分配信 
(http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012031900853)
 
 
 
 
 
 
 
ほら!! 原子力発電所で、どんなに気を付けて作業していても、こういう放射性物質の流出事故は起こるものだ!!(>_<)。
 
 
 
 
 
 
 
微量だから、いいという問題ではないよ!
 
 
 
 
 
 
 
しかも、漏出した放射性物質で汚染された水の量が1.5トンなのに対して、タンクと配管がつながっているバルブ室で見つかった汚染水の量が4.2トンとは、どういうこと??Σ(((゚□゚;)
 
 
 
 
 
 
 
バルブ室で見つかった「水たまり」って表現されているけど、その水たまり中の放射性物質が含まれているのは間違いないんでしょ?? その濃度はどれくらいなの?? 水たまりが見つかった時点で測定しているはずだから、公表していないのは、おかしいよ!!(・_・;)
 
 
 
 
 
 
 
ボリュームが増えているのはどういうこと??
 
 
 
 
 
 
 
雨水が流入した可能性についても言及しているけど、そんな雨水が流入するような隙間があること自体問題!!
 
 
 
 
 
 
 
または、過去にも同様に、放射性物質が入っている汚染水が漏水した結果なら、それを今まで気づかなかったこと自体、大問題!!(*゚ □゚ )/ …何かおかしい…何か隠しているような気がする…(・_・;)
 
 
 
 
 
 
 
それに、保安院も言っているように、タンクの水位が下がり始めてからの行動があまりに遅すぎる!!判断力もないし、分析能力もないし、行動力もない!これも問題!
 
 
 
 
 
 
 
さらに、放射能検出器というか、放射線線量計を施設のいたるところ、各部屋にでも設置して、集中的に異常を観測できるようにしていなければならないと、素人でも思うのに、きっと、その様なシステムには絶対なっていないことを露呈しているし!ヽ(`・ω・´#) これも放射性物質を取り扱う施設としては、問題! 法律がその義務まで規程しているかいないか知らないけれど、たとえ規程していなくたって、異常を起こしたらいけないし、即座に対応しなければならないんだから、そういうシステムは当たり前でしょ?? これも問題!
 
 
 
 
 
 
 
しかも、「防護服などを洗浄した廃液」ってあるけれど、透過してくる放射線ではなくて、防護服に直接放射性物質が付着するような作業をしなければならないなんて、作業員の健康をどう扱っているの???これも問題!!
 
 
 
 
 
 
 
解体する作業でもこうなんだから、第二、第三の福島第一原発の事故のような原子炉自体の事故が起こらないなんて、絶対に言えない!(>_<)。
 
 
 
 
 
 
 
少しのミスも許されないのが、原子力発電や原子力動力。 しかし、その一方で、医学的に言っても、人間はミスを起こす生き物。 絶対にミスがない完璧な作業や物を作ることなんて出来ないことが証明されている。
 
 
 
 
 
 
 
ましてや、今にも東日本大震災に勝るとも劣らない巨大地震が起きる可能性がある日本に、絶対にミスが許されない原子力発電所、ひとたび原子炉の事故が起きてしまったら取りかえしの付かないほど人々の健康に重大な影響を及ぼす物、なんて作ってはいけない!って思う。
 
 
 
 
 
 
 
世界の大地震の1割以上が日本で起きているんだよ!?地震がほとんど起きない安定した岩盤を有する大陸ならいざ知らず、東日本大震災のプレート移動によって、茨城から房総沖のプレートが崩壊する可能性が叫ばれていて、東海大地震や東南海大地震、南海大地震が今仁も起こりそうだと叫ばれている中、原発なんて有り得ないでしょ!?
 
 
 
 
 
 
 
なんで原子力発電に依存する政策押し進めてきたのか?日本政治の最も大きな失敗だったと、今、多くの人たちが思っているよ! それに気づいたからこそ、今、日本中で、世界各地で、脱原発運動、反原発運動が起きているんだよ!
 
 
 
 
 
 
 
くしくも昨日、3月19日は、脱原発を求める「さようなら原発5万人集会」が東京・明治公園で開かれ、約6万人が集まったという。福島県の市民団体や、多くの著名人が、「原発は要らない!」と叫んだ。いまや、脱原発、反原発は圧倒的な国民の声になりつつある。
 
 
 
 
 
 
 
絶対に安全!って、人々にウソを付いて原子力政策を推しすすめてきた政党、政治家なんて信用できるわけないでしょ?? 福島第一原発の事故の被害に遭っている人々を見て、これは変わらないといけないと思った。 多くの人がそうだと思う。
 
 
 
 
 
 
 
それなのに、今なお原発再稼働なんて言っている政党、政治家は絶対に支持しないよ!(*゚ □゚ )/
 
 
 
 
 
 
 
目先のことにとらわれないで、長期的な人々の健康な暮らしを考えて、多くの人たちが変わろうとしている。 自然を活用した代替えエネルギーでの発電を強力に推し進めないと! そのためには一時的に電気をあまり使わない生活に戻ったって、がまんするよ!
 
 
 
 
 
 
 
脱原発に決めたドイツやスイスやイタリアはどうなったかな? そういう国とも連携を深めないと!
 
 
 
 
 
 
 
ああ、早く総選挙にならないかなあ。 原発推進派の政治家なんて、絶対に投票しない! 脱原発を強力に推しすすめる政党、政治家にしか投票しないよー!!d(^-^*)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

心に滲み渡る いい曲♪\(^-^*)

 
 
 
Monkey Majik の「Headlight」という曲。
 
 
 
 
 
 
 
昨年8月、テレビ朝日の東北笑顔プロジェクトインフォマーシャルに採用され、放送されてた曲なので、知っている人も多いと思う。\(^-^*)/
 
 
 
 
 
 
 
そのインフォマーシャルかどうか、よく覚えていないんだけれど(^^;) この曲はいつも頭に残っていた。。
 
 
 
 
 
 
 
『~♪
 
 
 
世界は 囁いて
 
 
 
やさしさに つつまれた
 
 
 
ありがとう キミの声で
 
 
 
たちあがる
 
 
 
And now I'm moving on



Now I don't know where I need to go



There's always kindness standing by your side



I watch the rain fall just like I knew it would



There's room to go on



So now I'm living on
 
 
 
♪~ 』
 
 
 
(歌詞の全文は、うたまっぷ.com のMONKEY MAJIK『Headlight』歌詞(http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=k-111026-100 )で。
 
 
 
 
 
 
 
なんという綺麗なメロディー、 なんという優しいが前向きな言葉。。
 
 
 
 
 
 
 
なんという優しいメロディーに、感謝に満ちて、癒されるが、力強く背中を押してくれる歌詞。\(^-^*)/
 
 
 
 
 
 
 
『~♪ 
 
 
 
人はみんな 
 
 
 
明日に 寄り添うの 
 
 
 
喜びを 知っているから 
 
 
 
I've gotta live on 'cause now I'm moving on
 
 
 
♪~』
 
 
 
 
 
 
 
Monkey Majikは、東日本大震災に自らも遭ったのに、その直後から被災地で一般の人たちに混じってボランティア活動に参加。 泥かきや瓦礫撤去などをずっと行ってきたという。 その姿勢には、頭が下がる。
 
 
 
 
 
 
 
Monkeymajik_3
 
 
 
 
 
 
 
Monkey Majikは、言ってた。 確か、次のような内容だったと思う。 
 
 
 
 
 
 
 
『大震災直後は、サバイバルの状態で、多くの人が生きるか死ぬかの時期には、自分達がやって来た音楽は何も役に立たないように思えた。
 
 
 
 
 
 
 
ある意味、自信喪失した。 自分達に出来るのはボランティアとして少しでも、より酷い被害を受けた人たちの助けになることだと。 だから、(自分達の家もめちゃくちゃになって、レコーディング器材も全て失われたのに、ボランティアセンターのテント村に生活して、) ボランティア活動の泥すくいや瓦礫の撤去をひたすら行っていた。
 
 
 
 
 
 
 
Monkeymajik_2
 
 
 
 
 
 
 
だが、必死な時期から少し人々が落ち着いてきた時に、多くの被災者から「音楽を聴かせてくれ」と言われた。
 
 
 
 
 
 
 
その時初めて、自分達がやってきた音楽が人々の役に立つ時がきたことを知り、再び、自分達が音楽を通して人々の役に立とうと思った。。』と。
 
 
 
 
 
 
 
この曲も、少しでも被災者が笑顔になってくれればという思いで作った曲と聞く。
 
 
 
 
 
 
 
そういう逸話を聞くと、なおさら心に響く。。
 
 
 
 
 
 
 
Monkeymajik_send1s
 
 
 
 
 
 
 
しかし、そういう逸話がなくても、この曲は名曲だよ。
 
 
 
 
 
 
 
大震災だけでなく、あらゆる不幸なこと、心傷付くようなことに対して、普遍的な優しさと癒しと前向きな気持ちを与えてくれると思うよ。
 
 
 
 
 
 
 
僕の頭の中では、今、この曲のメロディーと歌詞が何度も何度も響いているよ~♪\(^-^*)/
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

涙の数だけ強くなれるよ。

 
 
 
震災後、勇気をくれた歌がある。。
 
 
 
 
 
 
 
みんなで前向きになろうとさせてくれるいい歌がたくさんあった。
 
 
 
 
 
 
 
そのうちの一つ、岡本真夜さんの「tomorrow」のフレーズにはいつも勇気をもらえた。
 
 
 
 
 
 
 
『 涙の数だけ強くなれるよ♪
 
 
 
 明日は来るよ 君のために♪
 
 
 

 涙の数だけ強くなろうよ♪
 
 
 
 明日は来るよ どんな時も♪ 』
 
 
 
 
 
 
 
何度聞いても元気が出る! 
 
 
 
 
 
 
 
東日本大震災の後、繰り返し繰り返し、被災地はもちろん、日本中で聞かれた、歌われたと言うのもうなずける。
 
 
 
 
 
 
 
歌には、人の心を動かす力がある。
 
 
 
 
 
 
 
この曲も名曲だ。
 
 
 
 
 
 
 
 
東日本大震災が起きてから、ちょうど、1年。
 
 
 
 
 
 
 
被災地の人たちが、生き残った人たちが死にたくなる気持ちを、どれ程、癒して勇気付けてきたことだろう。
 
 
 
 
 
 
 
まだまだ、復興は先だし、難問山積みだけど… どうか、希望を捨てず生きていって欲しい。
 
 
 
 
 
 
 
今回は被災しなかった人たち、僕も含めてだけど…、みんなそれぞれの人なりに出来ることをしているよ。
 
 
 
 
 
 
 
みんな1つの日本国民だもの、みんなで1つだもの!
 
 
 
 
 
 
 
『 涙の数だけ強くなれるよ♪
 
 
 
 明日は来るよ 君のために♪
 
 
 

 涙の数だけ強くなろうよ♪
 
 
 
 明日は来るよ どんな時も♪ 』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

3月11日 東日本大震災から1年

 
 
 
今日の日の出直後の朝日。。
 
 
 
120311__1s
 
 
 
 
 
 
 
 
被災された人たちも、被災されていない人たちも、心を一つにして復興を急ごう。
 
 
 
 
 
 
 
巨大な天災は防げなくても、悲惨な震災とならないような仕組みを備えた復興を。
 
 
 
 
 
 
 
被災された人たちのためにも、被災されていない人たちもいつ被災するかわからないし、全ての日本人のために、全ての人たちが叡智と迅速な行動を結集しなきゃ。
 
 
 
 
 
 
 
しかも、日本は変わらないと!
 
 
 
 
 
 
 
今までの仕組みじゃダメだって、みんな感じている。 元のままに復元するだけじゃダメなんだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
被災地の人たちの声を聞いた。
 
 
 
 
 
 
 
「早く復興を。」
 
 
 
「あまりに遅い。」
 
 
 
「家はどうなるの?」
 
 
 
「健康はどうなるの?長生きしたい。」
 
 
 
「放射線が怖い。二度と原発なんか作らないで。」
 
 
 
「津波を防ぐための堤防なんて、全く役立たない。想定を越えたらこのありさまだ。」
 
 
 
「元の土地に帰りたい。」
 
 
 
「元の土地に帰りたかったが、全然帰れる見通しが付かないので、気持ちが萎えてきた。」
 
 
 
「元の土地に帰ったって危険だから、危険じゃない土地に住みたい。」
 
 
 
「店を再開したけど、支援物資を送られたら、商売が成り立たない。」
 
 
 
「仕事が出来ない。仕事がない。」
 
 
 
「地面に染み込んだ放射性物質の除去なんて無理でしょ?」
 
 
 
「ビルの4階まで津波が来たんだから、5回の高さの堤防を作るの?そんな要塞みたいな町に住みたくない。」
 
 
 
「いつまで待てばいいのか?いろいろ検討して準備を進めていると言うけど、全く変わっていない。今日、明日にも、工事始めてよ。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
要望は切実だ。 
 
 
 
 
 
 
 
課題は多いが、行政は1分でも1秒でも早く、しかも、何をしているか逐一わかるようにして、見通しが立たないと言う不安を取り除いて復興のために動いて欲しい。
 
 
 
 
 
 
 
防波堤建設か、高台移転か、はたまた平地の高台化などに関わる居住地計画にしても然り、漁港、会社、工場、農地、牧場などの職場計画にしても然り、事故を起こした福島第1原発処理、除染処理にしても然り、その先の減原発、脱原発、代替エネルギー政策にしても然り。。
 
 
 
 
 
 
 
大震災によって失われた膨大な人たちの命と、辛うじて一命を取り留めた人たちと、今後数十年も処理にかかる原発事故のため避難生活を余儀なくされている人たちのため、日本中が日々、心を痛めている。
 
 
 
 
 
 
 
その代表である政府、行政機関は… わかっているよね!?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

巨大太陽フレア・太陽嵐のその後。。(^^;)

 
 
 
2012年3月6日と3月7日に生じた2つの巨大太陽フレアによる太陽嵐の結果は、どうなったかというと…
 
 
 
 
 
 
 
結局、世界各地でオーロラが見られただけで、大きな混乱(大規模停電とか、通信障害とか)はなかったみたい。
 
 
 
 
 
 
 
また、NASAによると、今回の太陽嵐の強さは、5段階のうちの最小段階G1で、GPS衛星の機能に支障はなく、国際宇宙ステーションISSに滞在中の宇宙飛行士にも今回の太陽嵐の影響はなかったんだって。
 
 
 
 
 
 
 
予測はあてにならないことが多いけど…、予測よりも小さい場合は、良しとしよう。(^^;) 「想定外」なんて、話にならないから!!
 
 
 
 
 
 
 
ほっとしたね!?安心した。ホッε=(´。`*)
 
 
 
 
 
 
 
それで、その影響のオーロラ!! なんとも綺麗な、神秘的な天体ショーだったらしいね?\(^-^*)/
 
 
 
 
 
 
 
そのいくつかの写真が公開されていたから、ダウンロードは出来ないから、スクリーンショットを撮ったので、見てみよう。(^-^*)
 
 
 
 
 
 
 
まず、NASAのホームページにあったもの。3月8日のもの。
 
120308__nasa_1s
 
 
 
これは、オーロラを真下から見たものなのかな?すごくオーロラの動きが早いように見えるね?(^^;)
 
 
 
 
 
 
 
次は、AP通信のもので、カナダのイエローナイフで3月8日に見られたもの。
 
120308____ap_1s
 
 
 
日没前でも観ることができるなんて、知らなかったあ(^^;)
 
 
 
 
 
 
 
次も、AP通信のもので、アラスカ州キナイで見られたもの。3月9日のもの。
 
120309___ap_2s
 
 
 
この写真は、すごくいい!\(^-^*)/ なにかメルヘンチックな建物がすごく可愛い!
 
 
 
 
 
 
 
その可愛いお家からオーロラが天に向かって立ち上っているようにも見えるね~!?\(^-^*)/
 
 
 
 
 
 
 
童話のさし絵や、ディズニー映画のワンシ-ンのよう!d(^-^*)
 
 
 
 
 
 
 
この写真を撮った人はすごい!
 
 
 
 
 
 
 
この写真は、おそらく今回の太陽嵐の騒動とは関係なく、オーロラの代表的な写真として、いつまでも使われるに違いないと、僕は思うけど~違うかなあ\(^-^*)/
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

太陽嵐??Σ(゚□゚;)

 
 
 
2012年3月6日に、太陽表面の巨大な爆発を意味する巨大な「太陽フレア」が発生したと、アメリカ海洋大気局(NOAA)の宇宙気象予報センターが発表。
 
 
 
それによってエックス線やプラズマ粒子などが爆風のごとく放出される太陽嵐が、時速640万kmで地球に向かっているという!!Σ(((゚□゚;)
 
 
 
この太陽嵐の規模は、最近5年間では最大規模で、地球の磁場や電離層が乱れるため、通信網や送電線網、飛行機などの運航に支障をきたす恐れがあるんだって!?
 
 
 
 
 
 
 
ええー??そんなにすごいの??Σ(゚□゚;)
 
 
 
 
 
 
 
でも、今までにそんなにすごい影響があったことがあったっけ??(?_?)
 
 
 
 
 
 
 
過去5年間で最大と言うことは、その少し前に、もっと巨大な太陽フレアが起きた!ってことじゃないの??(?_?)
 
 
 
 
 
 
 
そんな騒ぎになったかなあ?? 僕が全く知らなかっただけ??(^^;)
 
 
 
 
 
 
 
「1989年に太陽嵐が起きた際には、カナダで大規模な停電が発生した。」って報道されているから、結構、すごいのかも~(・_・;)
 
 
 
 
 
 
 
NASAのホームページを見ると、その太陽フレアの写真が載っていたので、そのスクリーンショットを載っけるね。
 
 
 
120306_solarflare_nasa_1s
 
 
 
良く読むと、どうやら、1つでは無さそう!?3月6日に生じた太陽フレアに続いて、3月7日に2つ目の巨大な太陽フレアが生じたみたい!(>_<)。
 
 
 
 
 
 
 
報道によると、地球到達時刻は、日本時間で3月8日15:30ころから3月9日中ということなんだけど…
 
 
 
 
 
 
 
もうあまり時間がないよ~(・_・;) どうなっちゃうんだろう~??
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

なんて酷い!本当だろうか??ヽ(`・ω・´#)

 
 
 
2012年3月2日23:30に掲載された朝日新聞デジタル(http://www.asahi.com/)の記事!!
 
 
 
 
『 福島から避難の子ども、入園断られる 山梨の保育園
 
 
 
 東京電力福島第一原発の影響で昨年、福島県から山梨県内に避難してきた子どもの保育園入園が「原発に対する不安が他の保護者から出た場合、対応できない」という理由で断られていたケースがあったと、甲府地方法務局が2日発表した。
 
 
 
 法務局によると、自宅近くの公園で子どもを遊ばせようとした際、近くの住民から避難者であることを理由に「遊ばせるのを自粛してほしい」と言われたこともあったという。
 
 
 
 法務局は風評による偏見・差別をしないよう、ポスターを掲示し、自治体広報紙に広告を掲載するなどの救済措置をとった。』 (2012年3月2日23:30 http://www.asahi.com/national/update/0302/TKY201203020761.html)
 
 
 
 
 
 
 
なんということ!!(>_<)。
 
 
 
 
 
 
 
福島第一原発事故で昨年、福島県から山梨県内に避難してきた子どもの保育園入園を「原発に対する不安が他の保護者から出た場合、対応できない」という理由で断られていたって!!??Σ(((゚□゚;)
 
 
 
 
 
 
 
福島県から山梨県内に避難してきた子どもを自宅近くの公園で遊ばせようとした際、(おそらくその子の親が)近くの住民から避難者であることを理由に「遊ばせるのを自粛してほしい」と言われた!!って???Σ(((゚□゚;)
 
 
 
 
 
 
 
なんとういう理不尽な!
 
 
 
 
 
 
 
まるで福島第一原発の事故で避難してきた人たちを放射性物質の塊みたいな目で見ている!?ってこと???
 
 
 
 
 
 
 
有り得ない!  そんな無知で、非常識で、人を労る気持ちのない人間がこの日本にいるなんて!
 
 
 
 
 
 
 
何かの間違いでは??(・_・;)
 
 
 
 
 
 
 
甲府地方法務局のホームページを見たって、そんなことどこにも載っていないよ!?
( ってか、このホームページ更新がほとんどされていないし。国民のための役所なのに…(´・ω・`) )
 
 
 
 
 
 
 
間違いであって欲しい!
 
 
 
 
 
 
 
その後の報道記事(毎日新聞)によると、
 
 
 
 
『 風評被害:福島から避難の子供、保育園入園拒否される 人権救済申し立て/山梨
 
 
 
 福島県からの避難者が東京電力福島第1原発事故による風評被害を受けたとして、甲府地方法務局に救済を申し立てていたことが分かった。福島から避難してきたことを理由に、人権を侵害されていた。同法務局が2日発表した。
 
 
 
 同法務局によると、申し立てた避難者は、自分の子供が住宅近くの公園で遊ぶのを自粛するように、近隣住民から言われた。更に、保育園に子供の入園を希望したところ、原発に対する不安の声が他の保護者から出た場合に保育園として対応できないことなどを理由に、入園を拒否されたという。
 
 
 
 同法務局は、避難者が相手への接触・調査を希望せず、地域への啓発を強く希望したことから、風評に基づく偏見や差別をしないよう呼びかけるポスターを掲示。また、自治体広報紙への広告掲載や自治会でリーフレットの回覧を依頼するなどの啓発も実施した。 』 (2012年3月3日 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120303mog00m040002000c.html → http://mainichi.jp/select/jiken/archive/news/2012/03/03/20120303mog00m040002000c.html )
 
 
 
 
 
 
 
そうか… 本当だったんだ…
 
 
 
 
 
 
 
避難先での理不尽な対応を受けた非難児の親が、人権侵害に対する救済申し立てを行ったんだね? さぞ辛かったんだろう。。
 
 
 
 
 
 
 
日本人の人としての道徳、倫理観はどうなったのかなあ? 労りや思いやりの気持ちと賢明な判断力を持ち合わせた心優しい日本人はどこに行ったのかなあ?(´・ω・`)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »