« 野田首相、マニフェスト破りは、国民にウソをついて騙したということだよ! | トップページ | 心に響く歌。。(^-^*) »

謹賀新年2012年

 
 
 
明けましておめでとう!
 
 
 
 
 
 
 
昨年2011年は、記憶する限り、最悪な1年だった…
 
 
 
 
 
 
 
年末のTVの特番で、改めて3.11の大災害に、胸を締めつけられ、涙が溢れでた…
 
 
 
 
 
 
 
あまりの大災害の悲惨さに、あらゆる被災地の映像に、改めて衝撃を受けた…
 
 
 
 
 
 
 
そんな中… 亡くなった方々の最期の言葉…メールに綴られた愛する人への言葉、想い…それらを、初めて見聞きした。
 
 
 
 
 
 
 
胸が張り裂けるかと思った… なんという真実の愛… なんという悲惨な現実…
 
 
 
 
 
 
 
涙が溢れて止まらなかった…
 
 
 
 
 
 
 
そのひとつ… 宮城県南三陸町の防災庁舎。鉄骨3階建ての建物に、職員が多数いた。
 
 
 
 
 
 
 
津波が来て、見る見る周りが水没していくので、職員らは屋上に避難した。その映像… 屋上に多数の職員が写っていた。 まだ建物自体は外壁もしっかりしていた。 防災庁舎の2階くらいまで水没している… 
 
 
 
 
 
 
しかし屋上は、地上10m位はあるため、皆、助かると信じていたという…
 
 
 
 
 
 
 
その職員の中に、恋人を持つ彼女がいた… 
 
 
 
 
 
 
 
その3時間前に、彼女は結婚を約束した彼と、愛に溢れた微笑ましい会話をメールでしていた。
 
 
 
 
 
 
 
時刻は15:27 彼女から彼へ… 『 大津波きた!! 今役場の防災庁舎の屋上ですが、流されたらどうしよう(>_<) 』
 
 
 
彼から彼女へ… 『 ぜってー死ぬなよ! 』
 
 
 
彼女から彼へ… 『 うん、死なない!! 愛してる!! 』
 
 
 
それが最期の言葉だった…
 
 
 
 
 
 
 
15:35の映像… 防災庁舎の屋上が全て大津波で水没してしまった。。 見えるのは細いアンテナか、避雷針のような棒のような鉄塔のみ… あたりは全て大津波の水面…
 
 
 
 
 
 
 
15:47の映像では、再び、防災庁舎の3階から上が、水面から姿を現した映像…  防災庁舎は外壁が全くなくなっていた。 外壁どころか、内部の床も壁も天井もない! 鉄骨だけになっている。 なんという津波の破壊力…
 
 
 
 
 
 
 
鉄塔と非常階段の手摺りにしがみついて流されずに済んだ人が数人見える… 多数いた人たちのほとんどは、流されていなくなっていた… もちろんその彼女も…
 
 
 
 
 
 
 
結局、この防災庁舎では、33名の尊い命が失われた。
 
 
 
 
 
 
 
『 うん、死なない!! 愛してる!! 』 … 嘘偽りのない清らかな真実の愛… 最期の言葉。。
 
 
 
 
 
 
 
涙が止まらない…
 
 
 
 
 
 
 
 
僕らは、この大震災を忘れてはいけない!と改めて思った。
 
 
 
 
 
 
 
 
被災地の一日も早い復興を! 
 
 
 
 
 
 
 
2012年は、それを加速しないと!
 
 
 
 
 
 
 
それは、日本全体の未来をも左右することだ。
 
 
 
 
 
 
 
元気を出して、邁進しなければ!って、思う新年の幕開けです!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

« 野田首相、マニフェスト破りは、国民にウソをついて騙したということだよ! | トップページ | 心に響く歌。。(^-^*) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 野田首相、マニフェスト破りは、国民にウソをついて騙したということだよ! | トップページ | 心に響く歌。。(^-^*) »