« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

野田首相、マニフェスト破りは、国民にウソをついて騙したということだよ!

 
 
 

野田首相は、民主党のマニフェストを公然と破った。

 
 
 
 
 
 

マニフェストを信じて多くの国民は民主党に投票したんでしょ!?それを勝手に変えたんじゃ、公約違反で、国民は何を信じればいいの?

 
 
 
 
 
 

少なくても、次の衆院選までは、マニフェストを勝手に変えちゃダメだよ!マニフェストはその政党の政治姿勢そのもの、根幹をなすものでしょう?変える必要があったら、次の衆院選の時にしてよ!!

 
 
 
 
 
 

それまで待てない時は、解散して、信を国民に問うべきでしょ!?

 
 
 
 
 
 

マニフェストを勝手に破るような政治家は、内容がどうであれ、信用できないよ!政治家は国民を裏切ってはいけないよ!

 
 
 
 
 
 

しかも、民主党内の十分な議論もなしにだよ?その政党の公約を守れない政治家はその政党の党員でもないはずだよ!?

 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

野田首相「(福島第一原子力)発電所の事故そのものは収束に至った」と発言!?Σ(゚□゚;)

 
 
 

2011年12月16日、東京電力福島第一原発事故に関して、野田首相は、『原子力災害対策本部(本部長・野田佳彦首相)の会議を首相官邸で開き、原子炉が安定した「冷温停止状態」を実現し、事故収束に向けた工程表「ステップ2」が完了した事を確認した。』と公表した。 

 
 
 
 
 
 

さらに、野田首相は『発電所の事故そのものは収束に至った。』と宣言した。

 
 
 
 
 
 

え?(・_・;)

 
 
 
 
 
 

この状態で、収束宣言??Σ(((=°ω°=;ノ)ノ 

 
 
 
 
 
 
 

原発の建物があんな瓦礫みたいな状態で?また大地震が来たら完全に崩壊するでしょう? 
 
原発内ではまだ非常に強い放射線が出ていて、人間が行動するのに危険極まりない状態なのに?ってか、人間ではまともな作業が出来ず、作業ロボットでないと発電所建物内の作業なんて、まともに出来ない状態なのに? 
 
核燃料がメルトダウンして原子炉を突きやぶって、格納容器内にどういう状態で存在しているか?よくわかっていない状態なのに?? 格納容器だって壊れているところがあるのに??

高濃度の放射性物質を含む汚染水が地下に染み込んで、地下水を汚染しているのに? 
 
時々、高濃度の放射性物質を海に廃棄しながら、緊急処置だから法的にカウントしなくていい!なんて、バカなことを言っている状態なのに? 
 
 
 
 
 
 
 
おかしいでしょ?おかしいよ!? 
 
 
 
 
 
 
 
こんな状態で「収束」って言葉を使うのは問題外でしょ? 
 
 
 
 
 
 
 
ステップ2を達成したって言うのは、本当なら、いいよ! でもね? 「福島第一原子力発電所の事故そのものが収束した」っていうのは、違うでしょ!?
 
 
 
 
 
 
 
福島第一原子力発電所の事故が収束したというのは、誰でも健康被害なく、その敷地内に入って、原子力発電所の建物の中にも入って、見学してきたりしても大丈夫な状態になって言うものだよ!  
 
 
 
 
 
 
 
それに、福島第一原発の事故のため、自分達が長年住んでいた土地が放射性物質で高濃度に汚染され、泣く泣く避難している被災者の人たちに対して、あまりに失礼な、あまりに感情を無視した、あまりにウソ八百の言葉だよ! 
 
 
 
 
 
 
 
避難している人たちにとって、「原子力発電所そのものの事故が収束した」というのは、高濃度の放射性物質で汚染された土地の大気、水、土壌、建物などが完全に放射性物質フリーに除染され、原子力発電所のすぐ近くで再び生活し始めても、全く問題がなくなった時に初めて言っていい言葉だよ!! 
 
 
 
 
 
 
 
原子力発電所の建物内部が一番高濃度に汚染されているんだから、その周辺の土地の事故前の状態への回復の方が先にできるでしょ? だから、そうなるでしょ?? 
 
 
 
 
 
 
 
原子力発電所の事故処理の完全終了までは、何十年かかるかわからない状態なのに…、それでも放射性物質をゼロにするのはムリだというのに…(>_<)/ 
 
 
 
 
 
  
 
野田首相というのは、あまりに被災地の人たちの感情を知らない!あまりに日本国民、いや世界をバカにしている! そんな詭弁でごまかそうとしている! がっかりした。 
 
 
 
 
 
 
  
「(福島第一)原子力発電所そのものの事故が収束した」なんて言葉は、 全てが解決した時に言うべきだ!
 
  
 
 
 
 
 
これで、福島第一原発の収束に向けての作業をスロウダウンでもしようものなら、完全に被災地の人たち…、いや、国民の支持を失っちゃうよ! 
 
 
 
 
 
 
 
僕らが求めるのは、詭弁ではなく、真実だよ!真実を包み隠さず、真摯に国民と対話し、人々が何を思っているか?何に困っているか?それを感じとって、政治を行う政治家だよ! 国民のための政治だよ!日本という入れ物のための政治じゃない。人々のためだからね! 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2011年12月10日~11日の皆既月食~♪\(^-^*)/

 
 
 

今回の皆既月食は、日本全国で、月食の始めから終わりまでの全過程を見ることができ、また、土曜日から日曜日にかけての天文ショーなので、全国的に盛り上がったみたいだね!?\(^o^*)/

 
 
 
 
 
 

月食の始めから終わりまで、日本全国で全経過を観測できたのは、2000年7月16日以来、11年5カ月ぶりのことだそうで、その時、自分が観測したかどうか?よく覚えていないよ~(((^^;)

 
 
 
 
 
 

僕は天文ファンだけど、仕事が忙しくて、こういう天体ショーを必ず観られるとは限らないから!?(@_@)

 
 
 
 
 
 

で、今回は、皆既月食中からの観察になりました~\(^-^*)/

 
 
 
 
 
 

 

 2011.12.10.  23:38
111210_2338_s2

 

 暗すぎたので~画像処理で少し明るくしたのが↓

 

 2011.12.10.  23:38
111210_2338_s 

 
 
 
 
 

 2011.12.10. 23:59
111210_2359_s2

 

 
 
 
 
 

 2011.12.11.  00:10
 111211_0010_s2

 
 
 
 

 2011.12.11.  00:30
 111211_0030_s2

 
 
 
 

 2011.12.11.  00:57
 111211_0057_s2

 
 
 
 

 2011.12.11.  01:50
 111211_0150_s2

 
 
 
 
 

観ることができて、うれしかった\(^o^*)/

 
 
 
 
 
 

で、次の皆既月食は、3年後の2014年10月8日だって。

 
 
 
 
 
 

で、なんで皆既月食中の月が赤く見えるのか?って事だけど…(^^;) 月は地球の影に入って太陽の光が届いていないはずだから、まっ黒じゃないかな?(?_?)って、僕も子供の頃不思議に思っていた(^^;)

 
 
 
 
 
 

地球に大気がなければ、皆既月食中の月は太陽の光が届かず、まっ黒ってか、まっ暗闇の中で見えないらしいよ!?(。・・。)

 
 
 
 
 
 

だけど、地球には大気があって、大気中を通過した光は屈折してわずかに月食中の月に届くんだね!? 地球の大気中を通過しやすいのは、夕焼けや朝焼けと同じように波長の長い赤い色なので、わずかな赤い色が月面にも届いて、それが反射して暗い赤い色に見えるという。v(。・・。)♪

 
 
 
 
 
 

月は身近な存在だけど… まだまだ知らないこと、疑問に思うことがいっぱいあって~、うん、それはまたそのうち話題にするね!?♪\(^-^*)/

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

| | コメント (0)

斉藤和義の「やさしくなりたい」~しびれる!(^^;)

  
 
 

TVドラマ~「家政婦のミタ」の主題曲になっているこの曲~\(^o^*)/

 
 
 
 
 
 
 

_1sm

__cd_3s  

 
 
 
 
 
 
 

歌詞の全文は、Uta-Netのこのページ「http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=120979」で見てもらうとして、とにかく、心に響く! 

 
 
 
 

僕が歌を好きになる時は、必ず心に響いた時

 
 
 
 
 
 

何らかの共通点を見出した時 

 
 
 
 
 
 

自分の心を代弁してくれるような歌

 
 
 
 
 
 

しびれる

 
 
 
 
 
 

♪「 愛なき時代に生まれたわけじゃない!

 
 

君と生きたい!  君を笑わせたい!

 
 

愛なき時代に生まれたわけじゃない!

 
 

強くなりたい!  優しくなりたい!

 
 
 
 
 
 

愛なき時代に生まれたわけじゃない!

 
 

君に逢いたい!  君に逢いたい!

 
 

愛なき時代に生まれたわけじゃない!

 
 

強くなりたい!  優しくなりたい!

 
 
 
 
 
 

愛なき時代に生きてるわけじゃない!

 
 

手を繋ぎたい!  優しくなりたい! 」♪

 
 
 
 
 
 
 
 

そう、僕は君と生きたい! 困難を乗り越えて、また二人、優しくなりたい!

 
 
 
 
 
 
 

愛なき時代に生きてるわけじゃない!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »