« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

やった!消費者庁。 口コミ広告、アフィリエイト広告など違法合法の判断基準出す!

 
 
 

一昨日、10月28日に、消費者庁が『「インターネット消費者取引に係る広告表示に関する景品表示法上の問題点及び留意事項」の公表について』(http://www.caa.go.jp/representation/pdf/111028premiums_1_1.pdf)という文書を公表したね!

 
 
 
 
 
 
 

今までに問題になっていた、「フリーミアム」、「口コミサイト・口コミブログ」、「フラッシュマーケティング」、「アフィリエイトプログラム」、「ドロップシッピング」に対する規制事項がはっきりと示された。\(^o^*)/

 
 
 
 
 
 
 

それによると、

 
 

1.「フリーミアム」の場合。。。

 
 

フリーミアムとは、基本的なサービスを無料で提供し、高度な、あるいは、追加的なサービスを有料で提供して収益を得るビジネスモデル。オンラインゲーム(モバゲーなど)…

 
 

_

 
 
 

違法となる具体例。。。

 
 

○ ゲームをプレイできるサービスにおいて、実際にはゲーム上で使用するアイテムを購入しないとゲームを一定のレベルから先に進めることができないにもかかわらず、「完全無料でプレイ可能」と表示すること。

 
 

○ 動画を視聴できるサービスにおいて、実際には動画をあらゆる時間帯にわたって視聴するためには月額使用料を支払う必要があるにもかかわらず、「完全無料で動画が見放題」と表示すること。

 
 

○ インターネット上に文書ファイルや写真などの電子データを保存できるストレージサービスと称するサービスにおいて、実際には無料で保存できるデータ量やデータの種類が限られているにもかかわらず、「無料で全てのデータを保存して、どこからでもアクセスできます。」と表示すること。

 
 
 

フリーミアムでは、事業者が、まず大きな顧客基盤を確保するための顧客誘引手段として、サービスが無料で利用できることをことさらに強調する表示を行うことが考えられるとのこと。

 
 

そのような表示により、例えば、実際には付加的なサービスを利用するためには利用料の支払いが必要であるにもかかわらず、付加的なサービスも含めて無料で利用できるとの誤認を一般消費者に与える場合には、景品表示法上の不当表示として問題(違法)となるということ。 消費者が誤認するような表示はダメ!

 
 
 
 

2.「口コミサイト」(口コミブログを含む)の場合。。。

 
 

「口コミサイト」とは、人物、企業、商品・サービス等に関する評判や噂といった、いわゆる「口コミ」情報を掲載するインターネット上のサイトを指す。。

 
 

ブログ等、個人(有名、無名を問わない。)が情報を提供するウェブサイトにおいても、ブロガーの「おすすめ商品」等に関する情報提供が行われることがあり、こうしたブログなども口コミサイトの一つとみなす。

 
 

__2

 
 

ブログについては、特に芸能人等有名人のブロガーによるブログにおいて、「おすすめ商品」等に関する記事が掲載されることが多くなっている。

 
 

違法となる具体例。。。

 
 

○ グルメサイトの口コミ情報コーナーにおいて、飲食店を経営する事業者が、自らの飲食店で提供している料理について、実際には地鶏を使用していないにもかかわらず、「このお店は△□地鶏を使っているとか。さすが△□地鶏、とても美味でした。オススメです!!」と、自らの飲食店についての「口コミ」情報として、料理にあたかも地鶏を使用しているかのように表示すること。

 
 

○ 広告主が、(ブログ事業者を通じて)ブロガーに広告主が供給する商品・サービスを宣伝するブログ記事を執筆するように依頼し、依頼を受けたブロガーをして、十分な根拠がないにもかかわらず、「△□、ついにゲットしました~。しみ、そばかすを予防して、ぷるぷるお肌になっちゃいます!気になる方はコチラ」と表示させること。

 
 
 

商品・サービスを提供する事業者が、顧客を誘引する手段として、口コミサイトに口コミ情報を自ら掲載し、又は第三者に依頼して掲載させ、当該「口コミ」情報が、当該事業者の商品・サービスの内容又は取引条件について、実際のもの又は競争事業者に係るものよりも著しく優良又は有利であると一般消費者に誤認されるものである場合には、景品表示法上の不当表示として問題(違法)となる。

 
 
 
 

3.「フラッシュマーケティング」の場合。。。

 
 

「フラッシュマーケティング」とは、商品・サービスの価格を割り引くなどの特典付きのクーポンを、事業者が展開するクーポンサイトで一定数量、期間限定で販売するビジネスモデルで、 消費者は、クーポンサイトにアクセスし、希望する商品・サービスに係るクーポンを購入するもの。。

 
 

__3

 
 

違法となる具体例。。。

 
 

○ クーポンの適用対象となる商品が「通常価格」で販売した実績のない商品であるにもかかわらず、クーポン適用後の「割引価格」を「1,600円」と表示するとともに、「通常価格 5,730円、割引率 72% OFF、割引額 4,130円」と表示すること。→当該商品・サービスの自らのクーポンサイト以外における販売の有無等を確認し、販売されていないなどの場合には掲載を取りやめるなど、景品表示法違反を惹起する二重価格表示が行われないようにすることが求められる。

 
 

○ 限られた期間内に顧客に訴求するために、実際と異なる表示を行う場合は違法。例えばクーポンの適用対象となる商品について、実際には養殖の鮎を材料とした甘露煮であるにもかかわらず、「天然鮎を使った高級甘露煮です。」と表示すること。

 
 
 
 

4.「アフィリエイトプログラム」の場合。。。

 
 

「アフィリエイトプログラム」とは、ブログその他のウェブサイトの運営者が当該サイトに当該運営者以外の者が供給する商品・サービスのバナー広告等を掲載し、当該サイトを閲覧した者がバナー広告等をクリックしたり、バナー広告等を通じて広告主のサイトにアクセスして広告主の商品・サービスを購入したり、購入の申し込みを行ったりした場合など、あらかじめ定められた条件に従って、アフィリエイターに対して、広告主から成功報酬が支払われるもの。

 
 

__4

 
 

違法となる具体例。。。

 
 

バナー広告に記載された商品・サービスの内容又は取引条件について、実際のもの又は競争事業者に係るものよりも著しく優良又は有利であると一般消費者に誤認される場合には、景品表示法上の不当表示として問題(違法)となる。

 
 

○ アフィリエイトプログラムで使用されるバナー広告において、実際には当該バナー広告の対象となる商品は普段から1,980円で販売されていたものであるにもかかわらず、「今だけ! 通常価格10,000円が なんと!1,980円!! 早い者勝ち!今すぐクリック!!」と表示すること。

 
 

○ アフィリエイトプログラムで使用されるバナー広告において、十分な根拠がないにもかかわらず、「食事制限なし! 気になる部分に貼るだけで簡単ダイエット!! 詳しくはこちら」と表示すること。

 
 
 
 

5.「ドロップシッピング」の場合。。。

 
 

「ドロップシッピング」とは、インターネット上に開設された電子商取引サイトを通じて消費者が商品を購入するビジネスモデルの一形態であるが、当該電子商取引サイトの運営者は販売する商品の在庫を持ったり配送を行ったりすることをせず、在庫は当該商品の製造元や卸元等が持ち、発送も行うもの。。

 
 

__5

 
 

違法となる具体例。。。

 
 

販売される商品に係る表示により、当該商品の内容又は取引条件について、実際のもの又は競争事業者に係るものよりも著しく優良又は有利であると一般消費者に誤認される場合には、景品表示法上の不当表示として問題(違法)となる。。

 
 

○ ドロップシッピングショップにおいて、十分な根拠がないにもかかわらず、「血液サラサラ」、「記憶力アップ」、「免疫力アップ」、「老化を防止する」と効能・効果を強調して表示すること。

 
 

○ ドロップシッピングサイトにおいて、最近相当期間に販売された実績のある価格ではないにもかかわらず、「通常価格」と称する比較対照価格を用いて、「通常7,140円→特別価格3,129円」と表示すること。

 
 

また、製造元・卸元は、ドロップシッパーに対して景品表示法に違反する表示が行われないようにしなければならないという。

 
 
 
 
 
 
 

 以上だけど…

 

完全ではないけど、まず、進展を見せたことに、歓迎の意を表したい!

消費者庁、d(。^(ェ)^。) good!!

 
 
 
 
 
 
 

僕的には。。 特に、口コミブログが、「やらせブログ記事」と言われているように、この記事は広告なのか?純粋な感想なのか?惑わせるブログ記事が多いことから、必ず「これは広告です。」って文言を最初に表示することを義務化して欲しいんだよなあ!?(^^;) そう思ったよ。 

 
 
 
 
 
 

アメブロを運営しているサイバーエージェントは、はっきりと、芸能人ブロガーによる口コミブログ記事を広告主に求め、お金を取っている。そして、適切に?選んだ芸能人ブロガーに、広告主が供給する商品・サービスを宣伝するブログ記事を執筆するように依頼している。その概要が、「Ameba芸能人・有名人 MediaGuide」(http://mediaguide.ameba.jp/pdf/2011_7-9_ameba.official.pdf)に書かれている。

 
 
 
 
 
 

依頼を受けた芸能人ブロガーは、十分な根拠示さないでその商品を単にいいと宣伝していると思われる事が多々あるよ。。

 
 
 
 
 
 

今後は、そういう口コミ(やらせ)ブログ記事を読者が誤解を受けない内容なのか?根拠が十分にあることなのか?厳しくチェックされるものと思われるね!?

 
 
 
 
 
 
 

だから、消費者庁からこの基準が発表された10/28以前の日付で、急遽アップされる口コミやらせブログ記事が、ここ数日の間にいくつか出て来るに違いないよね!?(^^;) そういうのを見つけた人いるかな?(^^;) 

 
 
 
 
 
 
 

それに、ブログ記事は過去のものでもずっと閲覧可能な訳だから、過去の口コミブログ記事だって、内容を十分に吟味して、違反に当たるものは、修正か削除しなければならないよね??((((^^;) 

 
 
 
 
 
 

「知らなかった。すみません。修正します。」とか言って、批判をかわさなきゃいけないよね?そういうの。。広告主から広告代をもらっているんだから(たいていは事務所がもらっている)、載せない訳にいかないからね!?だけど、修正ならまだいいけど、削除した場合は、広告主が黙っていないでしょうね!?(^^;) 
 
 
 
 
 
 
 

消費者庁では、違反があれば、その情報提供を求めているよ。 

 
 
 
 

情報提供先は、消費者庁のこちら(http://www.caa.go.jp/representation/index.html#m01-5)。

 
 

『景品表示法違反に関する情報提供は、次の担当部署へお願いいたします。

 
 

 なお、御提供いただいた情報に基づく措置結果や調査経過については、お答えしておりませんので、あらかじめご了承ください。

  
 

消費者庁
表示対策課 情報管理担当  電話:03-3507-8800 (代表)
〒100-6178 千代田区永田町2-11-1  山王パークタワー  5階 


以下の公正取引委員会地方事務所等においても、情報提供を受け付けております。

公正取引委員会 北海道事務所 取引課 電話:011-231-6300
〒060-0042 札幌市中央区大通西 12丁目  札幌第3合同庁舎 5階

 

公正取引委員会 東北事務所 取引課  電話:022-225-7096
〒980-0014 仙台市青葉区本町3-2-23  仙台第2合同庁舎 8階 

 

公正取引委員会 中部事務所 取引課  電話:052-961-9423
〒460-0001 名古屋市中区三の丸2-5-1  名古屋合同庁舎第2号館 3階 

 

公正取引委員会 近畿中国四国事務所 取引課  電話:06-6941-2175
〒540-0008 大阪市中央区大手前4-1-76  大阪合同庁舎第4号館 10階 

 

公正取引委員会 近畿中国四国事務所 中国支所 取引課  電話:082-228-1501
〒730-0012 広島市中区上八丁堀6-30  広島合同庁舎第4号館 10階 

 

公正取引委員会 近畿中国四国事務所 四国支所 取引課  電話:087-834-1441
〒760-0068 高松市松島町1-17-33  高松第2地方合同庁舎 5階 

 

公正取引委員会 九州事務所 取引課  電話:092-431-6031
〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-10-7  福岡第2合同庁舎別館 2階 

 

内閣府沖縄総合事務局 公正取引室  電話:098-866-0049
〒900-0006 那覇市おもろまち2丁目1番1号  那覇第2地方合同庁舎2号館 6階 』

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »