« 心打たれる第83回選抜高校野球大会 選手宣誓!素晴らしい\(^o^*)/ | トップページ | TBS TVドラマ「日曜劇場 JIN~仁 完結編」が始まったね?\(^o^*)/ »

先人の言い伝え・教訓は、重要だね!姉吉地区の大津浪記念碑

 
 
 
『「此処より下に家を建てるな」…先人の石碑、集落を救う』(2011年3月30日07時22分 読売新聞:http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110329-OYT1T00888.htm)という記事を読んだよ。。
 
 
 
 
 
 
 
 
--引用--------------------------------------
(2011年3月30日07時22分 読売新聞:http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110329-OYT1T00888.htm→キャッシュ
 
 
  
 「此処(ここ)より下に家を建てるな」――。
 
 
 
 
 
 東日本巨大地震で沿岸部が津波にのみこまれた岩手県宮古市にあって、重茂半島東端の姉吉地区(12世帯約40人)では全ての家屋が被害を免れた。
 
 
 
1933年の昭和三陸大津波の後、海抜約60メートルの場所に建てられた石碑の警告を守り、坂の上で暮らしてきた住民たちは、改めて先人の教えに感謝していた。
 
 
 
 
110329_
過去の津波で壊滅的被害を受けた姉吉地区にある石碑(27日、岩手県宮古市で)=菊政哲也撮影
 
 
 
110330
 
 
 
 
 
 「高き住居は児孫(じそん)の和楽(わらく) 想(おも)へ惨禍の大津浪(おおつなみ)」
 
 
 
 
 
 本州最東端の●ヶ埼(とどがさき)灯台から南西約2キロ、姉吉漁港から延びる急坂に立つ石碑に刻まれた言葉だ。結びで「此処より――」と戒めている。(●は魚へんに毛)
 
 
 
 
 
 地区は1896年の明治、1933年の昭和と2度の三陸大津波に襲われ、生存者がそれぞれ2人と4人という壊滅的な被害を受けた。
 
 
 
昭和大津波の直後、住民らが石碑を建立。その後は全ての住民が石碑より高い場所で暮らすようになった。
 
 
 
 
 
 地震の起きた11日、港にいた住民たちは大津波警報が発令されると、高台にある家を目指して、曲がりくねった約800メートルの坂道を駆け上がった。
 
 
 
巨大な波が濁流となり、漁船もろとも押し寄せてきたが、その勢いは石碑の約50メートル手前で止まった。
 
 
 
地区自治会長の木村民茂さん(65)「幼いころから『石碑の教えを破るな』と言い聞かされてきた。先人の教訓のおかげで集落は生き残った」と話す。
 
 
 
 
 
(2011年3月30日07時22分 読売新聞:http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110329-OYT1T00888.htm)

-----引用ここまで-------------------------
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上の記事では、ちょっと石碑の写真がわかりづらいので、下を見てね?
 
  
 
 
 
 
岩手県宮古市重茂半島東端の姉吉地区の大津浪記念碑
 
5s
 
 
 
石碑の上段の文字
 
4s
 
 
 
石碑の中段の文字
 
3s
 
 
 
石碑の下段の文字
 
7
 
 
 
 
 
 
『 大津浪記念碑
 
 
 
 
  高き住居は児孫に和楽

  想へ惨禍の大津浪

  此処より下に家を建てるな 
 
 
 
 
  
  
  明治二十九年にも、昭和八年にも、
  
  
  
  津浪は此処まで来て部落は全滅し、
  
  
  
  生存者僅かに前に二人後に四人のみ 
  
  
  
  幾歳経るとも要心あれ 』
  
 
 
 
 
 
 
2011年平成23年14時46分に発生した東日本大震災の大津波は、東北地方沿岸に凄まじい破壊力で押し寄せ、信じられないほどの多数の死傷者を出した。。
 
 
 
 
 
 
 
東北地方の歴史にうとい僕は、全く知らなかったのだけれど…過去にこの大津波に匹敵するほどの大津波がこの地方に起きていたんだって…
 
 
 
 
 
 
『歴史に残る大津波の記録は、860年、1611年、1616年、1676年、1696年、1835年、1856年、1896年(明治29年)、1933年(昭和8年)と続きますが、ほかにも大小数多くの津波が、三陸海岸に襲来…』(国土交通省東北地方整備局 釜石港湾事務所「三陸の津波と被害 津波の歴史と明治29年の大津波」http://www.pa.thr.mlit.go.jp/kamaishi/sdy/monogatari/m0109.htmlから)

 
 
 
 
 
 
平安初頭の869年の「貞観(じょうがん)津波」と、1611年の「慶長津波」。。
 
 
 
 
 
 
 今回の津波と同じ規模だといわれる「貞観津波」については古書「日本三大實録」で政庁のあった多賀城で死者1000人という叙述があるが、実際はもっと多かったと言われる…
 
 
 
 
 
 
1896年明治29年と、1933年昭和8年の「三陸大津波」…
 
 
 
 
 
 
 
大災害を体験した人たちが、二度とこんな悲惨なことを後世の人たちが体験して欲しくない!と言う気持ちで、必死に残した言い伝え、記録、教訓の数々を改めて見直し、防災計画に取り入れるべきだと思うよ。






姉吉地区の人たちは、その言い伝え、教訓とも言うべき石碑の記録をしっかりと守って、全員助かったわけだよね?? すごく賢明なことで、素晴らしい結果だと思う。
 
 
 
 
 
 
 
繰り返し起こる大震災、大津波…これは避けられないんでしょ?? だったら、被害を受けないように! 言い伝えや記録、地質学的な証拠…これらを無視しないように! 無視さえしなかったら、すべて想定内だったんでしょう??(・ε・`。) 本当に大切なことだと思うよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

« 心打たれる第83回選抜高校野球大会 選手宣誓!素晴らしい\(^o^*)/ | トップページ | TBS TVドラマ「日曜劇場 JIN~仁 完結編」が始まったね?\(^o^*)/ »

社会問題・事件・犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 心打たれる第83回選抜高校野球大会 選手宣誓!素晴らしい\(^o^*)/ | トップページ | TBS TVドラマ「日曜劇場 JIN~仁 完結編」が始まったね?\(^o^*)/ »